手汗が治らないと・・・

手汗のせいで、


好きな人の手も握れない、


積極的になれない、


握手が怖い、人に手のひらを見せられない


と悩んでいませんか?


これまでに多くの人の手掌多汗症を止めてきた方法を公開します。


手汗が治らないと・・・

今日は前回の予告どおり、手汗に関する弊害についてのお話です。

 

 

私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
手汗について甘い考えを持っているみたいですね。

 

 

手掌多汗症は、顔の汗のように人前でも目立たず、頭や脇、
足のように激しい臭いの原因にもならないので、
他の部位の多汗症と比較すると軽視され易いのですが、
患者本人にとっては大変つらい症状です。

 

 

手掌多汗症は、比較的軽く一日中掌がじんわりと湿っている程度というレベル1から、
掌から汗が滴り落ちるほど大量の汗が噴出すレベル3まで、発汗の程度でレベルが分けられています。

 

 

軽度のレベル1の人でも、人と握手をする事が出来ず、
恋人とも手をつなげないと悩む人が多い様です。

 

 

ましてや、最強のレベル3の人の場合は、重要書類を手にしたら
手汗で文字が滲んでしまった、汗で書類がフニャフニャになった、
最悪は破れてしまった、というように社会生活に重大な支障をきたすことも少なくありません。

 

 

症状が進行している場合には仕事の職種が限られる等、
人生の大きな障害となってしまう場合もあります。

 

 

手掌多汗症のせいで、人並みの青春、人並みの人生を
過ごせる機会を奪われたと感じている人もいるくらい、つらい病気です。

 

 

症状が進めばカウンセリング或いは精神安定剤の服用などが必要となります。

 

 

ただ、薬の場合もSRRIという、うつ病患者に用いられるクスリを用いられることが多く、
下痢や吐き気や眠気の副作用が非常に強いことや長期間の服用を強いられるデメリットがあります。

 

 

あなたは、このままで本当に大丈夫ですか?

 

 

確実に手汗を克服したいと真剣に考えているなら、
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。

 

 

価格以上の価値はありますので。

 

 

次回は、私からあなたへメッセージがあります。

 

 

同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。

 

 

続きを読む